DIARY:私のローマ / ジャスミンの花香る頃に その1

 

 

 

私のローマ / ジャスミンの花香る頃に その1

 

2016年、久しぶりにローマを旅しました。
今回滞在したのは、若い頃に住んでいた
モンティ( Monti)という下町の地区。

トレヴィの泉とコロッセオの中間くらいの地区で、
ローマの旧市街の中でも最も古い佇まいを残すと言われる界隈です。

 

 

Via Urbana  ウルバナ通り。香るスター・ジャスミンの花。

 

Via Panisperna パニスペルナ通り

 

1990年代半ばごろに、私は母校の修道院の仲介で、
アーティスト・イン・レジデンスの機会を得てこの地区に滞在しました。
当時、住んでいたのはホテルの一室。
窓を開けると古い町並みと広場が見え、
天井も高く静かで、簡素ですが十分な部屋でした。

下町である一方で大学や省庁などもあって、何かと便利なこの界隈、
部屋を出て目の前のボルジア階段を登れば
ミケランジェロのモーゼ像のあるサン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会、
ヴィミナーレの丘にはバルベリーニ宮殿(国立絵画館)、
カヴール通りを緩やかに下ればフォロ・ロマーノと、
大学の絵画科を卒業したばかりの若い私にとって、
美術の教科書で見たことのある作品が集まる、魅力的な地区でした。

 

静かだったこの地区も、
現在ではクリエイティヴなお店が集まる高級住宅街になっています。

 

Piazza degli Zingari ジンガリ広場のスター・ジャスミン

 

Via Serpenti セルペンティ通りの先にコロッセオが見えるのがモンティの人々の誇り。

 

Piazza della Madonna dei Monti マドンナ デイ モンティ広場

 

Piazza della Madonna dei Monti マドンナ デイ モンティ広場

 


 

 

旅のはじまり

 

 

スター・ジャスミンの花の香りでいっぱいの季節に、
今回の私の旅が始まりました。

アリタリアの直行便で定刻通りにローマに到着後、
空港で待ってくれていた親友と合流し、バス&地下鉄でカブール駅 Cavour へ。
駅近のかつて住んでいたホテルにレイト・チェックインした後、
ボルジア階段を登ってコッレ・オッピオ公園 Parco del Colle Oppio の外れにある、
La Biga Wine Food でアマトリチャーナのパスタと白ワイン(フラスカーティ)の簡単な晩餐。

 

このカッフェテリアから見下ろせるコロッセオでは、
イタリアと日本の国交150周年を祝う照明イベントが、偶然にも行われていました。
ずっと思い焦がれてきた、心のふるさとのローマ。
帰ってきたその日に、コロッセオの華やかなイベントがあるなんて幸せ〜♪

 

 

 

親友と別れからも、ひとりコロッセオのイベントを見物し、
フォリ・インペリアーリ通り Via dei Fori Imperiali をだらだら歩いて部屋に戻りました。

 

 

 

この街に帰ってきた喜びと安堵感、様々な感情が入り混じって、
私はいつのまにか、まるでローマの石畳のように重い色彩の眠りに落ちていました。

 

 

 

愛しいローマの石畳

 

 


 

(最後まで読んでくださりありがとうございます)

つづく

私のローマ / ジャスミンの花香る頃に
目次

その1:ローマのモンティ地区に滞在
その2:国立古典絵画館(バルベリーニ宮)、モンティ散策
その3:滞在先の修道院にチェックイン、フォロ・ロマーノへ
その4:ローマ国立博物館(マッシモ宮)、夜のヴァチカン美術館へ
その5:ローマ国立博物館(アルテンプス宮)、親友と地元ごはん
その6:パンテオンに降る真紅の薔薇のシャワー、ローマ散策&スケッチ
その7:古代遺跡でピクニック&スケッチ、地元ごはん、ローマ散策
その8:ブラマンテの回廊で朝食、ローマの宮殿や遺跡で花のスケッチ
その9:カノーヴァのカフェ、ローマ散策&お買い物、ゲットー
その10:ローマの心の風景、ボルジア階段

※  ↑  水色の文字をクリックすると、各ページにリンクしています

 

イタリアを描いた作品のページ:こちら
参考文献、参考資料:こちら

 


 

筆者:
望月麻里(もちづき まり)画家・イラストレーター Contact

清泉小学校、清泉女学院中・高等学校卒業。
東京芸術大学美術学部絵画科 日本画専攻卒業。
1994-1995年にアーティスト・イン・レジデンスでイタリア・ローマに滞在。

展覧会、グループ展出品多数、
東京、鎌倉を拠点に平面作品の発表を続けるかたわら、
料理家 辰巳芳子氏の著書の挿絵、絵本の挿絵、
Hallmark社のステイショナリーの原画を手がける。