DIARY:私のローマ / ジャスミンの花香る頃に その5

ローマ国立博物館(アルテンプス宮)、親友と地元ごはん

 


 

 

 

旅の四日目。

滞在先の修道院の狭い中庭(吹き抜け)の空で
ツバメたちが低く飛びまわっています。今日は雨かな。。。

 

ローマ・リオーネ モンティ地区の老舗カフェ「ボヘミアン」にからまるスター・ジャスミン

 

軽い朝食を済ませ、ジャスミンの香りいっぱいの裏通りを歩いて、
ナツィオナーレ通り Via Nazionale からバスに乗り
トッレ・アルジェンティーナ広場 Largo di Torre Argentina へ。

まずは、パンテオン Pantheon 裏手の老舗画材店 DITTA G. POGGI  に。

 

Ditta G.Poggi Belle Arti dal 1825 Via del Gesù, 74/75 – 00186 Roma

 

この画材店は以前ローマに滞在していた頃もお世話になっていた店の一つ。
今回はテンペラ画用筆と顔料、工房用に塑造用のナイフなどを購入しました。

 

 


 

ナヴォーナ広場 Piazza Navona の北側にある、
アルテンプス宮(ローマ国立博物館)Palazzo Altemps(Museo Nazionale Romano)へ。
ここは、15~16世紀に建てられた宮殿を活用したローマ国立博物館のひとつで、
かつて、この建物を所有したアルテンプス枢機卿のコレクションをはじめ、
ルドヴィシのコレクションなど国内の一級品を集めた展示です。

 

Palazzo Altemps・アルテンプス宮のエントランス。

Palazzo Altemps・アルテンプス宮のロッジャ。

Palazzo Altemps・アルテンプス宮 。丁寧に修復された宮殿内。漆喰の隙間にフレスコ画の名残。

Palazzo Altemps・アルテンプス宮 。水浴するアフロディテ像は、受験生時代に何度も描いたので親しみがあります。

Palazzo Altemps・アルテンプス宮 。二階にも水浴するアフロディテ像があります。可愛い。

 

Palazzo Altemps・アルテンプス宮で、レモンの花を少しスケッチ。

 

 


ローマ国立博物館 アルテンプス宮 Palazzo Altemps
休館日 :月曜日、1/1、12/25
開館時間:開館時間:9:00〜19:45(チケット売り場は閉館1時間前まで)
入場料 :7ユーロ(※)
※国立博物館は4つの建物に分かれています。
マッシモ宮、アルテンプス宮、クリプタ バルビ、ディオクレティアヌス浴場跡 共通券。
公式サイト → こちら


 

アルテンプス宮で2時間ほどスケッチをしていたら凍えてしまい、
スケッチの続きは別の日にすることにして帰路へ。

ところが、ナヴォーナ広場を歩いていたら突然の豪雨!
折り畳み傘も頼りなく、リストランテのトレ・スカリーニ Tre Scalini  で
雨宿りを兼ねて、温かいスープをいただくことにしました。
このお店はチョコレートのアイスクリーム ”タルトーフォ”で有名ですね。
トレ・スカリーニなんて、おのぼりさんみたいだわ〜と思いながらも、
給仕の方々は大変親切で、ストーブも点火してくださいました。観光地も悪くない。

 

(おまけ画像)

1994年のローマ食日記にタルトーフォ。illustrated by Mari Mochizuki 1994

 

野菜のグリルとスープで身体も温まったところで、雨もあがりました ♪

 

Piazza Navona・雨上がりのナヴォーナ広場。四大河の噴水とサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会。

 

Piazza Navona・ナヴォーナ広場の窓

 

 

一度、部屋に戻ってシエスタ後、知人の展覧会のオープニング パーティ。
その後、Facebookで知り合った友人夫妻と軽く会食です。

 

 

 


 

夕方、リオーネ・モンティ地区のジンガリ広場 Piazza degli Zingari 面した
可愛いブティック not your dolls で開催される展覧会のオープニングへ。

 

not your dolls:Via degli Zingari 51B, 00184 Rome

 

Daliaさんの雨雲女のプリント作品、ValentinaさんのDM。

 

昨日、not your dollsという素敵な店名に魅かれ入ってみたのですが、
オーナーのパオラさんデザイン&制作のアーバンで優しい雰囲気の服と、
アーティストの小品を集めた店内が楽しく、とっても気に入りました。

美術家のダリアさん  Daria Palotti の作品で
ワトソン紙風の用紙に水彩で描いた作品のプリントを購入。
雨女の私の為にあるような、面白い作品です。
(顔料インクでしょうか、プリントとしてのカテゴリも興味深い。)

ちょうど、展覧会の搬入中だった画家の ヴァレンティーナさん Valentina Zummo が
個展のオープニング パーティーに誘ってくださったのです。
パーティーではヴァレンティーナさんの絵葉書や栞などを購入。
ローマの作家達は紙の媒体に凝っていて刺激になりました。

 


 

展覧会のパーティーを後にし、友人夫妻との会食へ。

フランチェスカさんとブルーノさん夫妻は数年前にSNSで知り合い、
ご夫妻が来日の際に、ご依頼あって私は銀座を案内しました。
再会を誓い、今回ローマで再会が果たせました。
ご夫妻ともに医療関係&医師でお堅い職業ですが、
同世代ということもあり育った文化背景も似ていて
何より猫好きという共通点が一緒に過ごしていても心地良いのです。

 

ブルーノさんは私の為にお散歩コースを用意していました。
クイリナーレの丘からトレヴィの泉、コルソ通り、フォリ・インペリアーリなど。
感心したのは名所ごとにiPhoneで映画の一場面の動画を見せてくださったのです。
本当にありがとう!
地元の方で大賑わいのピッツェリア Alle Carrette で わいわいと。
3人ともに動物好きゆえに、ヴェジタリアン系。食べ物も似ています。

 

Alle Carrette・ピッツェリア アッレ カレッテのアーティチョークやズッキーニの花のフライなど。

 

Via della Madonna dei Monti, 95, 00184 Roma. カルツォーネ。中はモッツァレラ チーズ、ゆで卵、マッシュルームをオーダー。

 

フランチェスカさんは日本の文化や文学に造詣が深く、
英語とイタリア語のミックスですが、話していても楽しいです。
母語が貧しければ外国語も貧しいままですが、
例えば私がパオロ・ソレンティーノの映像が好きと言えば、
彼の作品や映像について、イタリア映画について3人で話せる感じです。
わかちあえることは幸せで、何よりのご馳走です。

ご夫妻と再会を誓って、深く深くハグをして別れました。

 

 

 


 

(最後まで読んでくださりありがとうございます)

つづく

私のローマ 初夏編 / ジャスミンの花香る頃に
目次

その1:ローマのモンティ地区に滞在
その2:国立古典絵画館(バルベリーニ宮)、モンティ散策
その3:滞在先の修道院にチェックイン、フォロ・ロマーノへ
その4:ローマ国立博物館(マッシモ宮)、夜のヴァチカン美術館へ
その5:ローマ国立博物館(アルテンプス宮)、親友と地元ごはん
その6:パンテオンに降る真紅の薔薇のシャワー、ローマ散策&スケッチ
その7:古代遺跡でピクニック&スケッチ、地元ごはん、ローマ散策
その8:ブラマンテの回廊で朝食、ローマの宮殿や遺跡で花のスケッチ
その9:カノーヴァのカフェ、ローマ散策&お買い物、ゲットー
その10:ローマの心の風景、ボルジア階段

※  ↑  水色の文字をクリックすると、各ページにリンクしています

 

イタリアを描いた作品のページ:こちら
参考文献、参考資料:こちら

 


 

筆者:
望月麻里(もちづき まり)画家・イラストレーター Contact

清泉小学校、清泉女学院中・高等学校卒業。
東京芸術大学美術学部絵画科 日本画専攻卒業。
1994-1995年にアーティスト・イン・レジデンスでイタリア・ローマに滞在。

展覧会、グループ展出品多数、
東京、鎌倉を拠点に平面作品の発表を続けるかたわら、
料理家 辰巳芳子氏の著書の挿絵、絵本の挿絵、
Hallmark社のステイショナリーの原画を手がける。