DIARY:私のローマ / ジャスミンの花香る頃に その9

 

 

私のローマ / ジャスミンの花香る頃に その9 / 望月麻里

 

 

旅の八日目。

 

 

リオーネ・モンティ地区。Salita del Grillo通りの窓

 

 

 

友人と待ち合わせている、カフェテリアへ。

 

 

Ristorante Atelier Canova Tadolini,

 

リストランテ・アトリエ・カノーヴァ-タドリーニ
Ristorante Atelier Canova Tadolini 。
彫刻家のアントニオ・カノーヴァ Antonio Canova(1757-1822) の
愛弟子のアダモ・タドリーニ Adamo Tadolini (1788-1868)工房を
リストランテとバールに改装した空間。
スペイン広場からポポロ広場へ通じる
バブイーノ通り Via del Babuino に面しています。

 

カノーヴァはヴェネト州出身で、ローマを拠点に活動。
ミケランジェロ(盛期ルネサンス)、ベルニーニ(バロック)の
次の時代を継ぐ位置の、新古典主義の彫刻家です。
教皇や王族、ナポレオンなどからの注文で、
多くの彫像や記念碑などを制作しました。

 

Ristorante Atelier Canova Tadolini 塑像から石膏どりした型や素描なども展示。美術館隣接。

Ristorante Atelier Canova Tadolini

 

 

カフェテリアで私はアイスコーヒーとコルネットをオーダー。

ローマ在住の友人が東京に短期滞在するので、
そのための打ちあわせをしました。

 

 

Ristorante Atelier Canova Tadolini  シェイクした加糖タイプのアイスコーヒーと、大きなコルネット

Ristorante Atelier Canova Tadolini   作品のエスキース

 

 

この界隈は西側にアカデミアもあり、ギャラリーも多く、
芸術家のスタジオがいくつもあったことで知られています。

彫刻家のファッツィーニ Pericle Fazzini(1913-1987) のスタジオも
となりの道のマルグッタ通りにあったそうで、
彼を慕い、集う人が絶えなかったと聞きます。

 

 

そう、このファッツィーニのスタジオのことは、
随筆家・イタリア文学者の須賀敦子さん(1929-1998)が
ご著書の「時のかけらたち」で書いていらっしゃいますね。
ある日、バブイーノ通りからマルグッタ通りに迷い込んだ須賀さんは、
ファッツィーニのアトリエにたどり着き、
居心地のいい穴ぐらをみつけたノラネコみたいに、ほっとした、
と、お書きになっています。

 

 

 

 

須賀さんのご著書「ユルスナールの靴」「時のかけらたち」などは、
1990年代の私のローマ滞在帰国後に出版されましたので、
滞在時は、須賀さんのご著書について無知でした。

ですので、
マルグッタ通りに居心地の良さを感じて、
寛容な工房の隅で半日座って過ごしてみたり、
孤独と共にローマを歩くうちハドリアヌス帝に心惹かれ、
当時、まだ世界遺産にもなっていなかった郊外の寂れた
ヴィッラ・アドリアーナ(ハドリアヌス帝の別荘)まで、
独りで行ってしまった私としては、
須賀さんの随筆との出会いは、
孤独をわかちあう、美をわかちあう、驚くべきものでした。

 

 


アトリエ リストランテ・カノーヴァ・タドリーニ・
Il bar caffetteria & il ristorante Canova Tadolini
バール&カフェテリア  8:00〜24:00(無休)
リストランテ 12:00〜23:00(無休)
Via del Babuino 150/A – Piva 11441651004
公式サイト → こちら

(2017年9月更新)

 


 

 

友人と別れた後、
私はパンテオン界隈へローマ土産を求めに。

 

 

Pantheon

 

パンテオン通り Via del Pantheon にある Il Papiro  へ。
Firenzeに本店がある、あまりにも有名なお店ですね。

 

水色のマーブル紙と、購入した包装紙、カード、愛猫に似た版画。

 

お店のマダムがお声をかけてくださったので、
Il Papiroの紙を用いて卵のオブジェを作っていることを
iPadで示しながら話しました。

木製の卵に包装紙などを張り込み、
日本画の岩絵具や顔料でスミレを描く、
春の復活祭にちなんだ小品です。

 

すると、マダムは大変に喜んでくださって、
「あなたの作品のために。」と、
水色のマーブル紙をプレゼントしてくださいました!
美しい紙に心寄せる方との出会い、嬉しいひとときです。

2017年 すみれ絵展    では、マダムとの約束を守って、
いただいた紙を構成し卵のオブジェを作りました。

 

Easter Egg 2017:Mari Mochizuki 展覧会初日に完売する作品。

 

近所の画材店 ポッジ
Ditta G.Poggi Belle Arti dal 1825 へも足を運びました。

 

Ditta G.Poggi Belle Arti dal 1825

 

Poggiでは顔料と、気になっていたPoggiオリジナルのノートを購入。
学生用のノート風ですが、この手のノートを私はよく使うのです。

 

 

丁寧なノートの作りに感心し、調べてみたら、
ローマを拠点に主に紙製品をデザインする 7 Nodiという工房製でした。
さりげない製品ですが、イタリアらしさが溢れている気がします。

 

 

 


 

 

サン・ルイージ・ディ・フランチェージ教会
San Luigi dei Francesi で、カラヴァッジョの三部作を。
午前中の拝観に間にあってよかった。

 

左:カラヴァッジョ「聖マタイの召命」正面:「聖マタイの霊感」

右:カラヴァッジョ「聖マタイの殉教」

 

窓からの自然光が、なめらかな画面に反射しています。

このチャペルの前でうっとりと見入っていた巻き毛の青年は、
私が滞在している修道院の食堂で、朝にご一緒した方でした。
彼にとって実り多い旅でありますように。

 

 

 

続いて、サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会の回廊、
キオストロ・デル・ブラマンテへ。

ここのカフェテリアの美味しいお菓子を
絵画教室の受講生へのお土産にしようと思います。
イタリアの伝統の味、というものではないのですが、
ローマ最先端のアート・シーンの味を伝えたくて。。。

 

La Caffetteria-Bistrot del Chiostro del Bramante ブラマンテの名人芸と言われる、回廊の一階と二階の柱の意匠。

La Caffetteria-Bistrot del Chiostro del Bramante カフェテリアのサロンから見えるラファエッロの壁画。

 

キオストロ・デル・ブラマンテのブックショップ では、
自分用に、100%イタリア製だそうな SAVE MY BAG  を購入。
バッグはウェットスーツの素材で軽くウォッシャブル。
重い作品や画材を入れて持ち運びしつつ、
ちょこっとコンサバなデザインで仕事用に使えそう。

当時、東京での取り扱いはありませんでしたが、
2017年6月現在、東京の銀座や渋谷など数店舗shopできたようですよ。

 

私のライフスタイルにぴったりのSAVE NY BAG。

 

 

この日は暑かったので、カフェテリアでミックスジュースを。

 

Caffetteria-Bistro Chiostro del Bramante

 

 

 

ひと息して、ゲットー(旧ユダヤ人街)界隈へ向かいます。
途中、朝市(観光客向け)で有名な、
カンポ・デ・フィオーリ Campo de’Fiori を経由しました。

 

 

Campo de’Fiori   風にカモメが舞う。

 

 

市場近くのビスチョーネ広場 Piazza del Biscione の大好きな窓。

 

Piazza del Biscione ローマらしい美しい広場。

Piazza del Biscione わずかに残るフレスコ画と、馬のレリーフの窓。

Piazza del Biscione 1994年の記録。当時はまだ窓はサッシではなく、愛らしいレースのカーテンでした。

 

カンポ・デ・フィオーリ界隈は
小さな美味しいお店や食材店があって、
ちょっとつまみに入るのも楽しいですよ。
上質なギャラリーもあります。

 

窓のコンポジション。

アクション ペインティングのような窓、ジャスミンも溢れる。

 

 

 

 

ゲットー(旧ユダヤ人街)界隈  Ghetto へ。

この地区を代表する広場と噴水の、
マッテイ広場 Piazza Mattei と亀の噴水 Fontana delle Tartarughe 。
水盤から亀が落ちそうな愛らしい意匠。
広場に面するマッテイ宮殿 Palazzo Mattei も個性的で美しい宮殿です。

 

 

Fontana delle Tartarughe

 

 

いくつかの地区が交わり渾然とした、興味深い界隈です。

マッテイ広場から道なりに進むと、
北側に  クリプタ・バルビ考古学博物館 Crypta Balbi が位置する
広大なブロックがあります(博物館入場口は反対側)。
1981年に国が買収したこの敷地は、
古代の劇場 テアトロ・ディ・バルボ Teatro di Balbo 跡地です。
博物館では、古代地下遺跡から現代までのローマの地層構造を見せ、
土地ゆかりの発掘品、生活様式や景観の変化を展示しています。

 

 

Crypta Balbi の展示物 時代ごとのテラコッタ

Crypta Balbi  層になるローマの構造。地下水路も展示。

 

博物館の窓から見える発掘現場、
ローマの構造(内臓のような)が見られる興味深い風景です。
隣のブロックのマッテイ宮殿あたりまで古代の劇場でしたから、
丁寧な調査が進められ、いつか公開されることを期待します。

遠景にヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂(1925年完成)の
クアドリガの彫像と女神の翼が青空に羽ばたき、
隣のゴチック様式のサンタ・マリア・イン・アラチェリ教会も望めます。

 

Crypta Balbi から見る発掘現場。

 


ローマ国立博物館 クリプタ バルビ考古学博物館・Museo Nazionale Romano-Crypta Barbi
休館日 :月曜日、1/1、12/25
開館時間:9:00〜19:45(チケット売り場は19:00まで)
国立博物館は4つの建物に分かれています。
マッシモ宮、アルテンプス宮、クリプタ バルビ、ディオクレティアヌス浴場跡 共通券あり。
Via delle Botteghe Oscure, 31RomeRM, Lazio 00186Italia 
公式サイト → こちら

(2017年9月更新)

 


 

マルガナ広場 Piazza  Margana 。
ローマらしくフジの蔓がふっくらとバルコニーに絡んでいます。

 

Piazza  Margana : Sala Margana

Piazza  Margana   バルコニーからスター・ジャスミンの香り。

 

この建造物は、古代遺跡の円柱やレリーフなどが
壁に埋め込まれ私が大好きな雰囲気です。

 

 

Via Margana に面する壁の美しい古代の円柱

 

2000年のミレニアムを機に、
漆喰が盛られ(?)てしまいましたが、
イオニア式の柱頭を飾った花崗岩の円柱があります。

 

 

 

下の画像は同じ場所の1994年。
当時は、漆喰にフレスコ装飾跡がうっすら残っていました。

 

 

 

 

Via del Portico d’Ottavia  古代建築の建材、右下にライオンのレリーフの破片が埋め込まれている。

Via del Portico d’Ottavia

Via del Portico d’Ottavia の閉じた窓。下の古代レリーフには人物が並ぶ。

 

ポルティコ・ドッタヴィア通りのVia del Portico d’Ottavia の 窓。
ここも古代建築の一部が建材として用いられ、
若い頃の私は魅せられました。
人々の悲喜を、窓はずっと見つめてきたのでしょう。。。

ひっそりとして人影もない地区でしたが、
現在ではテラス席に観光客がいっぱいの人気エリアになりました。

 

 

オッタビアの列柱 Portico d’Ottavia 。
古代と現代の時がキュビズムのように交差する風景。

 

 

Portico d’Ottavia オッタヴィアの列柱

赤いゼラニウムの窓。ジャスミンも香る。

 

 

 

オッタビアの列柱の南に隣接して、紀元前に建てられた
マルチェロ(マルケルス)劇場跡 Teatro Marcello があります。
この劇場前に立つ、アポロ神殿跡の白く美しいコリント式列柱も
ローマらしくて好きな風景です。
写真を撮り忘れたので、若い頃のスケッチを。。。

 

Tempio di Apollo アポロ神殿の円柱 / 画:望月麻里 (C) Mari Mochizuki

 

 

道なりに歩いて、丘を越えて、
花盛りの遺跡を歩いて帰りました。

 

 

 

 

 

 

旅の九日目は、

ローマの心の風景。ボルジア階段です。

 

(最後まで読んでくださりありがとうございます)

 

 

つづく

私のローマ / ジャスミンの花香る頃に
目次

その1:リオーネ・モンティ地区での滞在
その2:国立古典絵画館(バルベリーニ宮)、リオーネ・モンティ散策
その3:滞在先の修道院にチェックイン、フォロ・ロマーノへ
その4:ローマ国立博物館(マッシモ宮)、夜のヴァチカン美術館へ
その5:ローマ国立博物館(アルテンプス宮)、親友と地元ごはん
その6:パンテオンに降る真紅の薔薇のシャワー、ローマ散策&スケッチ
その7:古代遺跡でピクニック&スケッチ、地元ごはん、ローマ散策
その8:ブラマンテの回廊で朝食を&レモンの花のスケッチ
その9:カノーヴァのカフェ、ローマ散策&お買い物、ゲットー

※  ↑  水色の文字をクリックすると、各ページにリンクしています

 

イタリアを描いた作品のページ:こちら
参考文献、参考資料:こちら

 

 


 

 

筆者:
望月麻里(もちづき まり)画家・イラストレーター Contact

清泉小学校、清泉女学院中・高等学校卒業。
東京芸術大学美術学部絵画科 日本画専攻卒業。
1994-1995年にアーティスト・イン・レジデンスでイタリア・ローマに滞在。

展覧会、グループ展出品多数、
東京、鎌倉を拠点に平面作品の発表を続けるかたわら、
料理家 辰巳芳子氏の著書の挿絵、絵本の挿絵、
Hallmark社のステイショナリーの原画を手がける。