展覧会:追想 望月麻里「すみれ絵展」2018

 

 

 

樹々の緑が美しい季節になりました。
お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

「すみれ絵」展(2018年4/21〜4/22) でお求めいただいた作品の納品を終え、
スタジオが少し落ち着いてきましたので、
「すみれ絵」展の追想をこちらに書きとめておきます。
(長文失礼します。)

 

 


 

 

 

今年 2018年で「すみれ絵」展 は第4回目でした。
毎年、「北鎌倉たからの庭」 のホールで開催していましたが、
今年は隣接する茶室「宝庵(ほうあん)」が会場となりました。

 

 

photo by Risa Hirai

 

 

天候に恵まれ、輝く新緑と鳥たちの歌の中で、
お客さまとの再会や出会いを心から楽しみました。
今回も沢山の方のお支えで 展覧会を開催できました。

 

special thanks to :

会場:宝庵  さま (浄智寺さま)
運営:鎌倉古民家バンク さま
額装:銀座伊東屋 K.Itoya B1額売場 さま
表装など:鳩居堂 さま
販売:たからの庭ギャラリー さま
装花:Mayumi Ikedaさま
展覧会記念・菓子製造:COOKIE ART PARTY 平井理紗 さま
会場案内:Yukiyo Matsuzaki さま(宝庵)
販売:Hisayo Matsubara さま
翻訳:Eringi English House さま
スタッフ派遣:かまくら主婦’s ネットワーク  さま
お弁当製造 4/20:スエ亭 さま
お弁当製造 4/21〜4/22:北鎌倉 円 さま

 


 

The Making of an Exhibition
すみれ絵展 メイキング

 

 

展示会場の宝庵「常安軒」

 

 

北鎌倉の古刹、浄智寺の谷戸に建つ宝庵(常安軒、夢窓庵)は、
この谷戸に最初に住み始めたジャーナリスト 関口泰 氏が、
ベルリンで出会った若き建築家 山口文象 氏に依頼し1934年に建てた茶室です。

昨年末まで管理されていた建築家 榛沢敏郎 氏から浄智寺の所有になり、
2018年1月に「鎌倉古民家バンク」の運営に。
「すみれ絵」展を宝庵で、とお声をかけていただき、
この個性的な空間での展示を四ヶ月足らずで構成する試みとなりました。

 

 

 

施主と建築家による個性的な空間。大徳寺「忘筌(ぼうせん)」を模した構成。

宝庵の離れの茶室、吉野窓の美しい「夢窓庵」 / photo by Risa Hirai

 

宝庵の施主でジャーナリストの関口泰 氏のご著書を古書店から取り寄せ読むうちに、
氏の繊細な眼差し、花鳥に対する優しい感性に共感しました。
特に随筆や和歌の中の浄智寺谷戸の自然描写、
「花鳥日記」「小鳥と花」「吉野窓由来」は展示のヒントに。

鎌倉古民家バンクの島津さんからいただいた、
関口氏が描いた水墨画(プリント)からもお人柄が偲ばれます。

 

 

 

 


 

 

 

宝庵は浄智寺の庭師や棟梁のご尽力で見事によみがえり、
2018年4月にめでたく一般にお披露目となりました。
お披露目会の際に感激したのは、
庭のあちこちでタチツボスミレが咲いていたことです。
島津さんのご配慮でスミレが除草されずに残されていたのです。

 

 

 

 

古刹のお茶室で入場無料の絵の展覧会を開催するにあたっては、
お客さまにも茶室の保護をご理解いただき、
庵内の導線や配布用の地図を作る必要もありました。
「すみれ絵」展が、今までの展示とは違うスケールになっていることを感じました。

 

 

メンバーが増えた為、お客様にわかりやすいように、アーティストやアテンドなどのネームタグを作りました。

 

 

 

搬入日の会場に、今年もMayumi Ikedaさんのお花が奈良から届きました!
第四回「すみれ絵」展の案内状の絵を想わせる、
すみれ色と野趣を感じる花々の構成です。

Mayumiさんとは面識がないのですが、
SNSを通じて会場の写真などを共有し、
今回もイメージ以上に展示にぴったりのお花を作ってくださいました。

 

 

Mayumiさんの花は、望月工房製の切株と鉄脚のティーテーブルに設置。

 

 

宝庵の待合の個性的な空間にMayumiさんの花を置く事は、
年末年始の大掃除の時にラフスケッチを描きました。

 

2017年末の大掃除中の宝庵「待合」。

 

 

 


Exhibition
すみれ絵展 2018年4/21(土)〜4/22(日)開催

 

 

「すみれ絵」初日からたくさんの方にご来場いただきました。
ありがとうございます

 

早朝に会場入りし、
室内と庭の清掃、花を生け、つくばいの水も清めて、打ち水をしました。
日本人として生まれても、現代では、なかなかできない貴重な体験です。

 

 

宝庵「常安軒」待合のつくばい

 

 

物販担当のMatsubaraさんの個性的な視点(笑)、 清掃風景。
朝にスタジオの庭で摘んだノブドウの蔓やスズラン、スミレなど。
ブリキのバケツは受験生の時に筆洗で使っていたもの。

 

photo by Hisayo Matsubara

photo by Yukiyo Matsuzaki

photo by Yukiyo Matsuzaki

 

 

 

展示会場の常安軒の八帖間は雪見障子をあげ、
庭の光を溢れさせて。

 

 

photo by Kayoko Shimazu

平井さんのクッキーのブース、望月の物販ブース。販売はMatsubaraさん、お客様と和やかに。photo by Kayoko Shimazu

 

 

 

常安軒の八帖の会席の床の間は、
鳩居堂製の色紙軸にアリアケスミレとエビネランを描いた日本画を。

色鉛筆画の「すみれ摘み」「春・雪国にて」や、
宝庵の庭でちょうど咲いている、ショカッサイやニリンソウの素描。

 

 

photo by Kayoko Shimazu

photo by Risa Hirai

photo by Risa Hirai

 

 

望月工房製の鉄のオブジェの上は、
ブルーベルやデイジーなど野の花が描かれた
スウェーデンの Rörstrand社の 1950年代のカップを花器に見立て、
コデマリとニリンソウを生けました。

母の私物の骨董の香合と、
私が幼い頃に稽古していた藪内流の「福寿」というお袱紗。

 

 

photo by Risa Hirai

photo by Keiko Noguchi

 

 

卓上にスミレの素描や季節の花々、
北鎌倉で出会った野鳥のエナガのプリント作品なども展示。

 

 

photo by Risa Hirai

 

 

 

望月麻里のオリジナル 絵葉書やホールマークの商品も販売しました。

 

photo by Hisayo Matsubara

 

 

2018年「すみれ絵」展のチロルチョコレート。

 

 

 

 

すみれ絵展のお楽しみ、展覧会記念のお菓子!

今年は COOKIE ART PARTY の平井理紗さんのアイシングクッキーです。
多摩美の油画で絵画を学ばれた方なので、デッサンや色彩感覚が素晴らしく、
製菓専門のお勉強もされてお味も美味しいのです。

昨秋の 青林檎ブラムリー を訪ねる長野の旅でご一緒した、
東麻布の英国菓子 モーニングトン・クレセント のステイシーさんに、
旅先でお弟子さんとしてご紹介いただいたご縁です。

 

 

photo by Risa Hirai

いきいきとしたすみれが美しい! /  photo by Risa Hirai

 

 

 

 

四帖の茶室、
床の間には鳩居堂製の姫色紙軸にパンジーの素描をかけました。
こんな軸に絵葉書やこどもさんの絵でも良いかと、和の空間の提案です。

庭に咲くショカッサイと羊皮紙に描いたツマキチョウの素描、
花器は 東京藝大の仲間  竹内あきじ 氏 の鍛金作品。

 

 

photo by Risa Hirai

竹内あきじ 氏の作品。絵に似せ庭の花をこんもりと寄せて /  photo by Risa Hirai

大徳寺の茶室「忘筌」を模した空間 / photo by Risa Hirai

 

 

 

常安軒と夢窓庵をつなく庭では、
宝庵のアテンドをMatsuzakiさんが担当してくださいました。
丁寧な解説がお客様から大好評でした!

 

 

photo by Kayoko Shimazu

 

 

夢窓庵の展示は茶室の保護のため、
にじり口や吉野窓からご見学いただきました。

 

鳩居堂製の色紙軸に
昨春に裏磐梯の山奥で描いたギンランとタチツボスミレの色紙を。
花器はリトアニアの森に住む女性の陶芸作家のゴブレットで、
青い小花とリスが描かれています。
花は私のスタジオの庭の斑入り葉のノブドウとスミレ。

 

施主の関口氏の随筆に、ブドウの新芽と鳩居堂にまつわる記述があり、
ノブドウの蔓をいけてみました。
ゴブレットで先人たちへ献杯の気持ち、
聖杯のような、まだ、形にならない色々な思いも込めて。。。

 

photo by Kayoko Shimazu

 

 

 

 

二日目の早朝も会場と庭掃除から。
「北鎌倉たからの庭」での展示でも朝の清掃をしましたが、
このような茶室での支度を体験できて、大変幸せに感じます。

二日目もたくさんの方がおいでくださいました。

 

 

photo by Risa Hirai

photo by Risa Hirai

 

 

物販係のMatsubaraさんは、リース作りやお花の仕事をされていたので、
Mayumiさんの花への視点も流石です。
素敵に撮影してくださいました。

 

 

 

 

「すみれ絵」展の会場では幸せのマジック続出、
偶然に会場でご友人同士やご親戚同士の再会が重なり、歓喜の声が響きました。
展示会場では、人の縁、絆の不思議をいつも感じます。

スミレという、足元に咲く見過ごしてしまいそうな小さな花をめぐって、
スミレの花に心を寄せる方々との出会いや語らいは、作家として幸せなひと時です。

 

浄智寺のご住職 朝比奈恵温さまにもご高覧いただきました。
御礼申し上げます

 

 

 


 

Reminiscence
追想と感謝

 

 

「すみれ絵」展 会期後の4/23(月)、4/24(火)は会場の宝庵の清掃へ。
展示が無事に終えられたことを感謝し、浄智寺さまに参りました。

 

「すみれ絵」展の八帖の間に展示した日本画に描いた花と同じ、エビネランやアリアケスミレが満開。

浄智寺の布袋様のお腹を撫でて元気をいただきました。

 

 

ご来場くださった方々の嬉しいお写真も。
素敵に撮影してくださりありがとうございます。
平井さんのお菓子を喜んでいただけて幸いです。

 

photo by Natsuko S.

photo by Keiko Noguchi

 

「すみれ絵」展のメンバーに「北鎌倉 円」さんのお弁当を手配しましたが、
親しい方のお土産にも。皆さんにご好評でよかった!

 

photo by Kitaro & Natsuko

 

 

 

ご来場の皆様から、たくさんいただきものをしました。
優しいお心づいかいに感謝します。

 

昨年の「すみれ絵」展や、伊東屋の作品展に続き、
今回も遠方から宝塚市のお菓子を送ってくださったMomokoさま。

宝塚市は宝塚歌劇団の街として、すみれ色にちなんだお菓子やgoodsがあるそう。
このフィナンシェはブルーベリー味で宝塚市でしか買えない人気のお菓子!
私はすみれ色のベリー&アサイーのパウダーをあしらっていただきました。
大変美味しくいただきました。ありがとうございます

 

 

 

 


 

 

 

後日、「すみれ絵」展のメンバーで、打ち上げFestaをしました。
二階堂の覚園寺さま。

 

 

 

覚園寺門前にある イタリアン「Acci」 さんにて。
各方面でご活躍のメンバーが貴重なお時間の中で、全員集合♪
「すみれ絵」展でのお客様のお言葉などもうかがえて嬉しく思いました。

 

 

 

 


 

今年の春は、花の開花が半月ほど早く、
野草を描く者としては本当に慌ただしい毎日でした。
生花店で買える花と違って、今年に描けなければ、野草は来年の開花を待ちます。
実はこの記事も、スミレの花を追って来た裏磐梯の山奥で書いています。

 

磐梯高原は残雪あり、5月上旬でもオオヤマザクラやスミレが咲いている季節。
凍えるような空気の中でたくさんの種類のスミレを観察することができました。

「すみれ絵」展の展示作品をより深め、
皆様にご高覧いただけるよう制作に励みます。
今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします

 

望月麻里

 

雪解けの季節に山に咲くミヤマ(深山)スミレ。(C)Mari Mochizuki

 

 

裏磐梯のスケッチ旅行について、引き続きブログに書きますね。 🙂

 

 


 

 

 

【望月麻里 絵画教室giardino 宝庵クラスのご案内】

今回の「すみれ絵」展の会場となった宝庵の常安軒にて
季節のスケッチ教室を開催する運びとなりました。
日程は6/9(土) 、9/8(土) 、12/8(金)、2019年3/9(土)の季節ごとの4回です。
午前のクラスは、まだ余裕がございますのと、1回のご参加も可能です。
皆様のご参加をお待ちしております。 詳細 → こちら

お申し込み → こちら (望月麻里 webサイト コンタクトページ)

 

過去のすみれ絵展の情報 → こちら

 

 


(最後まで読んでくださりありがとうございます)

 

ローマの旅日記「La mia Roma / 私のローマ」は、
http://mochizukimari.com/category/diary/
イタリア情報ランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 ← クリック!