DIARY:私のローマ / 長い長い夢 その1

夢への一歩

 


 

 

 

 

 

私の心の故郷、ローマのモンティ地区 Rione di Monti。
1994年からアーティスト・イン・レジデンスで滞在しました。

ローマの中では比較的大きな地区で、
私が滞在したのはモンティ地区の地下鉄B線 Cavour カブール駅界隈。
コロッセオやフォロ・ロマーノまで徒歩10分もかからない
古代ローマのインスラと呼ばれる庶民の住居の名残ある街です。

 

 

現在、この地区で私の小品展の企画をいただき、
ローマ ⇄ 日本 で連絡を取り合いながら準備を進めています。
会期は未定ですが来春の予定 ?

小品展の準備の模様を、こちらで少しずつ綴っていこうと思います。。。

 

 

 

 

 

 

何度もこちらで書いていますが、
原画を担当したホールマークのレターシリーズ
” Mindful Sketch ” の ” Travel Memories “ の風景も
モンティ地区にあるボルジア階段を描いたものなんです。;)

 

 

 

 

 


 

 

 

2016年5月。
ローマへの久しぶりの旅で出会ったブティック、
ノット・ユア・ドールズ  Not Your Dolls 。

ジャスミンの花の香りが漂う裏通りに、
何とも、とんがった可愛らしい名前に魅かれ入ってみたのです。

 

 

Not Your Dolls  Via degli Zingari 51B, 00184 Rome, Italy

 

 

 

店内をよく見ると、なかなか都会的で洗練された品揃え。
デザイナーの Paola さんが
店内の隅々まで気を入れていることが伝わってきました。
ジンガリ(ジプシー)通り Via degli Zingari の
ボヘミアンな雰囲気にもぴったりな佇まいです。

 

 

Not Your Dolls ではファッションだけでなく、
アーティストのグッズやプリント作品をセレクトしていて、
初めて伺った時に、私はメランコリーな雰囲気のプリント作品を購入。
雨が多かった滞在もこの作品にイメージを重ねて、
楽しい思い出になりました。:)

Paola さんはシャイで控えめな方ですが、
なんとなく相性が合う事がお互いに感じられました。
お店の前を通るたびに、ディスプレイを丁寧にほどこされているのが垣間見られ、
また、私に Mari ! と声をかけてくださるような方なのです。

 

 

 

 

2016年12月の私のローマ旅行では、
Paola さんが近々始まるアーティスト Lisinka さんのオープニングに
Facebookで 招待してくださいました。

この時、Paola さんには 私が 原画を手がけたホールマーク の商品と
抹茶チョコレートをプレゼント、
初めて、私も絵を描くことを自己紹介しました。
Paola さんはホールマークの商品を大変気に入ってくださいました。

 

 

個展のオープニング・パーティーに伺った
若きアーティストの Lisinka さんはローマのアカデミア出身で、
絵が大変に上手い方でした。小品展ですが丁寧な構成でしたよ。

 

 

アカデミア出身の若きアーティスト Lisinkaさんの小品展。 2016年12月

 

 

気に入った作家の展覧会では、私は印刷物などを購入して参考にします。
この時は Lisinka さんのプリント作品を購入。
プリントといっても手刷版画ではなく、印刷のような、
用紙も光沢感も日本では見かけないカテゴリ。
オリジナルのネームタグ風のシールや名刺などの作りも丁寧でした。

羊皮紙風の紙に鉛筆と白い色鉛筆の絵は、私の手法にも似ていました。

 

 

 

 

 

オープニングは
お芋とローズマリーのピッツァなどをつまむ下町っぽいアペリティフ♪

 

 

 


 

 

 

2016年12月のローマの旅から1年以上経った今年の初めに、
キュレーター(アートプロデューサー?) の Rossana さんから、
Not Your Dolls での作品展の企画のメッセージをいただきました。

ちょうど、ローマでは広重や北斎、漫画の展覧会が続けて開催され、
日本文化への関心がさらに深まった時期でしょうか?
小さなブティックでの小品展が、
ちゃんと専門家によって構成されるのも興味深いですね。

 

急遽、私の英語のポートフォリオを
ローマ在住で日本人のグラフィック デザイナーで
Proteofood も運営されていらっしゃる Mika さん に翻訳していただき、
イタリア語のポートフォリオとして再構成し、ローマに送りました。

 

ローマで、小さくてもいつか展示を、と願ってギャラリーを歩いていましたが
思いがけない展開です。

” 夢への一歩 ” を 歩み始めました。。。

 

 

望月麻里のイタリア向けポートフォリオ

 

つづく