NEWS:カバー画像更新とローマの情報

 

 

 

 

 

 

鎌倉のビーチでは、海の家の建設が進んでいます。
みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

 

久しぶりにTOPのカバー画像を変えました。

ローマで求めたコットンのバッグと、
海辺の魚たちのスケッチ、
原画を担当したホールマークのレターシリーズ
「マインドフルスケッチ」のトラベルメモリーズを構成しました。

 

このコットンバッグは、
ローマの街でよく見かけるユリカモメがデザインされていて、
ちょうど2016年の「私のローマ / ジャスミンの花香る頃に」の時に、
滞在先の修道院の中庭に住むユリカモメが毎日賑やかだったので、
記念に(笑)求めました。

 

 

 

購入したのは、
キオストロ・デル・ブラマンテ
Chiostro Del Bramante の ブックショップ で、
他にもローマにちなんだ色々な柄のデザインがありました。
(現在は販売しているかは不明です。)
ユリカモメのデザインには Roma sea breezeと書いてあり、
鎌倉の海辺に住む私のライフスタイルにもぴったりなんです。

 

 


 

 

それから、少し前にこちらでお知らせした、
来春のローマ・モンティ地区での小品展ですが、
FBでやりとりしながら、少しずつ構成が進んでいます。
メールで細々と何度も確認しあったり、
イタリアらしく手間のかかる準備ですが、
ローマ在住のデザイナーのMikaさんにお支えいただき、
お陰様で展示の方向が少しずつ見えてきています。

小品展というよりもショップで作品取り扱い、
と解釈していただいた方が良いでしょう。。。
ギャラリーではありませんが、私はこの機会を大切にしたいです。
会期は来年の春分の日あたりから復活祭直前までを
一応、予定しています。

 

 

 

 

ローマでの小品展会期の前半の滞在先はキープしました。
以前から宿泊してみたいと考えていた宿で、
モンティ地区には珍しく落ち着いていて女性的な空間。
貧乏画家でも、何とか滞在できる価格も嬉しいのです。

 

「私のローマ」でも、何度も登場した、
モンティ地区の私の気に入りの滞在先の修道院は、
残念ながら、近々閉鎖されてしまうそうです。
先日、修道院の方とチャットで話して知りました。

ナターレ(クリスマス)の頃、
「私のローマ / オレンジの樹と鐘の音」 の滞在では、
修道院中が慎ましくも 華やかで、幸せな毎日でした。

 

 

 

私はカラフルすぎる壁やリネン、
苦手な絵画がある部屋で過ごすのが無理なので、
修道院の白い何もない空間が、一番贅沢で好きでした。

 

ちなみにホームステイ感覚で滞在できる
Althea Inn の部屋 もいつもチェックしています。
テスタッチョ界隈でロケーションは最高ですし、
壁はピラネージ風の銅版画で落ち着いています。
ただ、人気があって、なかなか空いていません。。。

もし、オススメのお宿がありましたら、教えてくださいね!

 

 

 


 

 

近況として、現在は花を描く仕事をしています。
毎日、描く花の背景を調べながら編んでいく工程が
なかなか楽しいです。

 

 

 

絵画教室の情報: こちら

 

 


(最後まで読んでくださりありがとうございます)

 

望月麻里

 

イタリア情報ランキングに参加してみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 ← クリック!

 

イタリアを描いた作品のページ:こちら
参考文献、参考資料:こちら

私のローマ 冬編 / オレンジの樹と鐘の音
目次

その1 :ローマ、冬のモンティ地区
その2 :サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂へ
その3 :修道院にチェックイン & カンパニアの林檎のスケッチ
その4 :港町の遺跡、オスティア・アンティーカの美を訪ねて
その5 :ローマのピラミッド、ローマのエジプト
その6 :カピトリーニ美術館へ
その7 :ドリア・パンフィーリ美術館のクリスマス・ツリーと絵画散歩
その8 :クリスマス・イヴのアート散歩 & ファルネーゼ宮殿
その9 :ナターレの朝、アヴェンティーノの丘で
その10:パラティーノの丘散歩、ピニェート地区でランチ
その11:小道の奥へ
その12:ローマ国立博物館(マッシモ宮)
その13:ローマでの不思議体験
その14:MAXXI(イタリア国立21世紀美術館)へ


私のローマ 初夏編 / ジャスミンの花香る頃に
目次

その1 :ローマのモンティ地区に滞在
その2 :国立古典絵画館(バルベリーニ宮)、モンティ散策
その3 :滞在先の修道院にチェックイン、フォロ・ロマーノへ
その4 :ローマ国立博物館(マッシモ宮)、夜のヴァチカン美術館へ
その5 :ローマ国立博物館(アルテンプス宮)、親友と地元ごはん
その6 :パンテオンに降る真紅の薔薇のシャワー、ローマ散策&スケッチ
その7 :古代遺跡でピクニック&スケッチ、地元ごはん、ローマ散策
その8 :ブラマンテの回廊で朝食、ローマの宮殿や遺跡で花のスケッチ
その9 :カノーヴァのカフェ、ローマ散策&お買い物、ゲットー
その10:ローマの心の風景、ボルジア階段

※  ↑  水色の文字をクリックすると、各ページにリンクしています。


 

筆者:
望月麻里(もちづき まり)画家・イラストレーター Contact

清泉小学校、清泉女学院中・高等学校卒業。
東京芸術大学美術学部絵画科 日本画専攻卒業。
1994-1995年にアーティスト・イン・レジデンスでイタリア・ローマに滞在。

展覧会、グループ展出品多数、
東京、鎌倉を拠点に平面作品の発表を続けるかたわら、
料理家 辰巳芳子氏の著書の挿絵、絵本の挿絵、
Hallmark社のステイショナリーの原画を手がける。