DIARY:私のローマ / 長い長い夢 その3

個展の準備

 


 

 

 

ローマ・Monti(モンティ)地区、
Not Your Dollsというショップでの小品展(個展)まであとわずかとなり、
日本からの出発や現地での展示に向け、日々、準備を進めています。

 

 

 

いつもお世話になっている銀座伊東屋さんには額縁を選びに。
基本的には会場の額縁を使用しますが、
この作品だけ額縁と作品保護用のマットボードを注文。

 

 

キュレーターと会場に指定された様式の額縁を数本選んでみました。銀座伊東屋は世界中の額が随時入手可能な流石の品揃え。

額縁をあて寸法を決めて行きます。(画像の作品にはカバーがかかっていて光が反射しています)

銀座伊東屋の額縁の専門スタッフと慎重に額選び。この額縁はキュレーターからもOK出ました。

 

 

今回の個展では、
キュレーターから「日本の花」による作品の構成と、
会場や運搬の都合で作品価格を低く設定するよう希望がありました。

 

支持体(今回は紙)は
日本に古くから伝わる技法で加工された某和紙をチョイス。

上質で安価な画材をさりげなく選べるのは、私がプロだから。
イタリアでは、このような知識や選択、実際に制作できる技術を持つ人を、
マエストロ、マエストラを呼ぶかもしれません。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

制作の合間、
ローマの美術館の予約など旅の準備も進めています。

 

 

そして、今回は販売はしませんが、
私の絵を包装紙にする、恒例のチロルチョコも仕上がりました。
包装紙の絵は鮮明でなかなか洒落ています。
友人やお世話になった方へのプレゼント。

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

個展直前に会期が変更になる可能性あり。

当初、個展の会期は3/22(金)からと予定されていましたが、
会期が早まり3/20(水)プレ・オープンは夕方からの案、
また、個展の最終日が延びる案も出ています。

会期が延びることはキュレーターや会場オーナーのご配慮と想いますし、
ローマに長く展示されるのも、
皆様のご高覧のチャンスが増え嬉しいこと。

日本と習慣や感性が違う面もありますが、
違うからこそ作品を分かち合えることは幸い、
私自身は、海を渡り発表できることを大変嬉しく感じています。