DIARY:私のローマ / 長い長い夢 その15

ローマ的 誤算

 


 

 

 

今年の3月から開催されている
私のローマでの小品展は現在も展示が続いています。

キュレーターからは展示は3月から約1ヶ月と聞いていましたが、
その後、お借りする額の事情で6月まで延長になり、
さらに延びて9月まで、そして年末の現在も続いています。

 

ローマで半年以上も展示が続くとは想定していなかったので、
私にとっては幸せな誤算です。

 

 

 

この幸せな気持ちが続くのか、
一転するのかがわからないのもローマですが、
アートで結ばれた方々とのつながりを信じていこうと思います。

スケジュールが度々変更されることについて、
若い頃のローマでのアーティスト・イン・レジデンス経験がなかったら、
イタリア式のやりとりに疲れ果てて苛立っていたかもしれません。

 

 


 

 

先日、会場の Not Your Dolls Shop
オーナーのPaolaさんがSNSで素敵な投稿をされていました。

彼女は時々、Not Your Dolls に
日本の上質なヴィンテージの着物や羽織などを仕入れていますが、
なんと私が展示中の糸菊の作品に響くような
糸菊の絵柄の羽織を入手されたのです。驚きました。

 

 

糸菊の柄の羽織と、奥はおそらく紗の着物。

 

日本の絹の着物や羽織を愛し、ローマ人はデニムにあわせたり、自由な着こなしを楽しみます。

 

 

今回、2点の糸菊の作品を展示しました。

 

(C) Mari Mochizuki

 

 

Paolaさんの素敵な計らい。

そして私は日本人として羽織の元の持ち主の方にも思いを寄せました。
どんな方がおつくりになって、お召しだったのでしょう?
永遠の都ローマで糸菊のご縁でこの羽織と出会うなんて。。。

 

ホリデー・シーズンの店頭では、
私のステイショナリーや原画を担当したHallmarkの商品、
日本では完売した風呂敷(今回のローマ展を記念して制作)も並んでいます。

 

Hallmark製のローマの絵柄の便箋と封筒セットも。日本では入手困難です。

 

 

おそらく、展示は年越ししそうなのですが、
突然、閉幕ということもあるかもしれません。
ローマ在住でお部屋に日本の本物のアートをご希望の方、
日本からローマにご旅行中の方、
この機を逃さずに Not Your Dolls にお立ち寄りくださいませ。

 

 

皆様にとって楽しいホリデー・シーズンでありますよう!

 

●望月麻里 個展

Japanese Garden di Mari Mochizuki 望月麻里
キュレーター:Rossana Calbi

会期:2019年3/20(水)〜 4/19(金)  2019年12月現在 展示続行中。
定休:月曜日
場所:Not Your Dolls
住所:Via degli Zingari, 51/B, 00187 Roma RM
時間:火・水 15:30-20:00、木・金・土 11:30-20:00、日 16:30-21:00

 

聖書のことば日めくり「恵みの花束 A Bouquet of Blessings」
いのちのことば社より刊行 銀座教文館などで発売中
イラストレーション Mari Mochizuki