すみれ絵

Sketching・素描

Sketching・素描

 

 

ローマの野を歩く (C) 望月麻里 / Walking in the field of Rome ・drawing by Mari Mochizuki

すみれ・福島にて (C) 望月麻里 / Violets・drawing by Mari Mochizuki

秋の野のブーケ (C) 望月麻里 / drawing by Mari Mochizuki

 

Postcard・絵葉書

Postcard・絵葉書

 

 

 

 

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。
※Click those images to see a larger version.

 

 

 

 

 


 

望月麻里の絵葉書は
展覧会、イベント、取り扱い店などでのお求めが可能です。

絵葉書は全て1枚200円(税別)です。
合計1,000円以上(税、手数料、送料別)の場合に配送を承ります。
絵葉書ご注文、お取り扱いご希望の方は、
お名前、ご住所、郵便番号、電話番号、商品名、数をご記入の上、
コンタクトページよりお問い合わせください。→  コンタクトページ
代表者:望月工房(神奈川県鎌倉市)

 

望月麻里の絵葉書は、こちらでもお求めいただけます

 

サポサポ project
東京芸術大学美術学部卒業生有志による チャリティ展覧会、
絵葉書の売り上げは、被災地を支える活動に寄せられます。
サポサポproject  望月麻里ページ → サポサポproject
※展覧会:2017年12月 東京都港区南青山のギャラリーで開催予定。

 

Café 帰去来 (カフェ ききょらい)】
福岡県柳川市京町48
辰巳芳子スープの会で学ばれた
野田由美子さんが展開するスープのカフェ。
Facebookページ  →  Café帰去来

 

 

一部の絵葉書を上記のお店、展覧会などでお取り扱い頂いております。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

Work ・絵画作品

Work ・絵画作品

 

 

My botanical garden・庭シリーズ

 

 

 

糸菊 画:望月麻里 / 柿渋紙、色鉛筆、胡粉

夜桜 画:望月麻里 / 柿渋紙、色鉛筆、胡粉

 

 

This is a small work of swallowtail butterflies gathering
in my studio’s garden in Kamakura, an old capital city of samurai.
Kamakura symbolizes the medieval warrior culture, and here swallowtail
butterflies can be seen in great numbers from spring to autumn.
Bordering the sea and surrounded by mountains,
this city is ideal for butterflies; it is populated by a vast array of trees.
Ones of a deeper black color are known as “Kamakura Butterflies”.
According to ancient traditions, people would sometimes relate
those black butterflies to the samurai’s self-dignity or to their transient lives.
This mystical name, “Kamakura Butterflies,” is precious to me.

鎌倉蝶 画:望月麻里 / 羊皮紙、鉛筆、色鉛筆

 

すみれ絵(個人蔵) 画:望月麻里 / 雲肌麻紙、岩絵の具、膠、墨、胡粉

すみれ絵・ホスピタリティ(個人蔵)画:望月麻里 / 雲肌麻紙、岩絵の具、膠、墨、胡粉

収穫(個人蔵)画:望月麻里 / 雲肌麻紙、岩絵の具、膠、墨、胡粉 / Mari Mochizuki “Harvest”

桜桃・東北への憶い(個人蔵) / 雲肌麻紙、岩絵の具、膠、墨、胡粉 / Mari Mochizuki “Harvest”

 

 

 

 


Others・その他

空の短詩・つばめ(個人蔵)フレスコ画 模写 / 漆喰、顔料 / Fresco/ Affresco Mari Mochizuki

 

 

 

 


Media 

2011年 「美術の窓」11月号(話題の展覧会)掲載

2009年「美じょん新報」1/20号 第112号 掲載
展評 ・美術評論家 瀧 梯三氏