NEWS:2022年 新春ご挨拶・望月麻里のオフィシャルサイト

 

 

 

あけましておめでとうございます

皆様、新年をいかがお過ごしでしょうか?
2022年が皆様にとってご健康で明るい年でありますよう
鎌倉のスタジオから祈ります

 

 

2022年 お正月のスタジオにて。庭のダイアモンドリリー、数種のビオラ、ツリガネソウの葉、トキリマメの実。

 

 

 

私は昨年末から年始も仕事のスケジュールがありました。
そんな中でも、おせち料理や正月の設えなど、
いつもより控えめながら暦どおりに進めました。

 

今の時代は、生きていれば良い、生きて再会できれば幸せ。
緊張が続く毎日でも美や楽しみを見つけて過ごしたいと、
改めて感じます。

 

 

 

 

 

 

年末年始の私に寄り添ってくれたのは、
アカデミー賞賞受賞歴を持つ脚本家・監督の
パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino 氏の新作
『 È stata la mano di Dio / The Hand of God 』です。

監督の自叙伝的作品とも言われるナポリを舞台にした物語で、
これまでの作品を追想出来るような場面もあったり、
創造の原点を観るようなスケールの大きな作品でした。

監督の作品はローマ仕込みのスタイリッシュな映像が話題になりますが、
実は、創造の苦しみを描いた描写が多く共感します。

 

 

 

 

 


 

 

 

私自身は、
今年も自然の中に身を置き、土や風にまみれて描いていきたい。

そして、現在進めている仕事を丁寧に完成させ、
皆様に報告できたらと願います。

本年もよろしくお願いいたします!

 

 

望月麻里 mochizukimari.com

 

 

拙文「私のローマ」は、イタリア情報ランキングに参加中です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 ← クリックしてくださると嬉しいです!

「 私のローマ 」望月麻里 / Memories of Italy・イタリアを描く
「 私のローマ 」参考資料・参考文献