スミレの花をたずねて 3:箱根へ

 

 

 

冬はスミレの花の返り咲きの季節。

 

今冬は鎌倉の家の庭に、見慣れないニョイスミレの小さな花を見つけ、春に旅した箱根湖尻 でのニョイスミレを想いました。

 

 

 

 

 

2022年の4月のある朝、JR大船駅を出発しJR小田原駅下車、小田原駅からは路線バスでのんびり山へ向かいました。バスを下車するとキジの声がお出迎え。

 

 

 

 

 

環境省 箱根ビジターセンター のスミレ観察会のルートを参考にしたので、センター近くに滞在しました。
ビジターセンターは富士箱根伊豆国立公園 にあり、箱根地域の自然情報の収集ができ、自然散策の休憩拠点として誰でも利用することが可能です。標高は770mほどだそう。

 

 

 

 

持参したスミレのガイドブックの他に、箱根に関する資料を購入し草花を調べつつ歩くことにしました。

 

 

 

 

箱根ビジターセンター内の、素晴らしい四季の案内パネル。

 

 

春の箱根

 

夏の箱根

 

秋の箱根

 

冬の箱根

 

 

箱根ビジターセンターのFacebookで花の開花情報が紹介されていたので、予めチェックし、参考に歩きました。

 

 

 

 

 

白百合台園地では華やかなミツバツツジが見られました。

 

 

 

 

 

 

 

スミレの花の季節は、雨や曇りが多く、雪が降ることさえありますが、この気怠いお天気も私は大好きです。

 

箱根独特のマメザクラや、オオシマザクラなどの山桜が咲く道を歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

散策では、タチツボスミレ数種、マルバスミレ、ヒメスミレ、ニョイスミレ、スミレを観察できました。

 

 

 

 

 

 

 

野鳥たちのさえずりの中、遊歩道をひとり歩いていたらふと、登山好きだった亡き父が一緒にいるような気持ちになり、不思議な安心感がありました。
都会的な父しか知らず、山野草を観察しながらもっと一緒に歩きたかったです。

 

 

 

 

箱根ビジターセンター裏一面に咲いていたニョイスミレ。

 

 

 

 

そして下の画像は鎌倉の家のニョイスミレ。
どこからかやってきで冬になって咲き出しました。私の靴の裏に種がついていたかしら? 

来春もスミレをたずね、このルートを歩きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

望月麻里
画家・イラストレーター

東京藝術大学美術学部絵画科
日本画専攻卒業

鎌倉市在住
mochizukimari.com

 

望月麻里への仕事のご依頼
giardino.art@gmail.com

ペイパルから望月麻里の制作活動を応援!
paypal.me/marimochizuki