Mari Mochizuki

NEWS:「東慶寺の香りを紅茶にのせて」創作日記 その4

 

 

2022年の春に、
北鎌倉・東慶寺様企画の紅茶が発売されました。
商品名は「東慶寺の香りを紅茶にのせて」。

 

この紅茶のパッケージとパンフレットに
望月麻里のイラストレーションをお使いくださいました。

こちらのブログに創作日記として
紅茶の誕生ストーリーや
草花の名前などを綴っております。

 

 

 

 

パッケージの草花の名前を紹介します。

秋の場面は十五夜の庭を描きました。
東慶寺様では月にゆかりのある
水月観音(すいげつ かんのん)様
二十三夜の勢至菩薩(せいし ぼさつ)様がお祀りされているので
十五夜に和尚様がお経を読まれます。

 

モミジ、ススキ、リンドウ、
ノブドウ、シオン、ワレモコウ、
キク3種、ヤマホトトギス、
イチョウ(葉)、サネカズラ(果実)

モミジにとまる小鳥のヤマガラは、人懐っこい性格です。

 

 

 

 

ノブドウは、
東慶寺所蔵で国指定重要文化財の
「 葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱 ・ぶどうまきえらでんせいへいばこ」の

蒔絵の葡萄の意匠の一部を模して描きました。

リンドウは鎌倉の市章でもあり、鎌倉を象徴する花です。

赤い果実のサネカズラは万葉集にも詠まれた植物で、
古の人々は茎から得られる粘液で整髪したそう。
美男蔓・ビナンカズラと呼ばれます。

 

 

 

東慶寺のサネカズラの果実

 

 

草花を描いていると、
行き着くところは菊の花、特に野菊であると私は感じています。
紅茶箱の小さな画面では足りず、ずっと描いていたい気持ちでした。

 

東慶寺様では
毎年10/27の 前田青邨 画伯の御命日に筆供養をなさいます。
お参りの際に「東慶寺花だより基金」でわけていただいた菊も描いてみました。

 

 

 

 

パッケージの冬から初春の草花の名前を紹介します。

 

 

 


ナンテン、クマザサ、ヤマノイモ、
ウメ、ミツマタ、フクジュソウ、
フキノトウ、
ラッパスイセン

 

ウメにとまっているのはウグイスです。
東慶寺所蔵の室町時代の蒔絵で
国指定重要文化財の「 初音蒔絵火取母・はつねまきえひとりも 」があり、
老梅の枝振りなど蒔絵の一部を模しました。
蒔絵のウグイスはヒヨドリにも似て大変愛らしいのですが、
パッケージでは、もう少しウグイス的に描きました。

 

 

 

 

 

温暖な鎌倉では珍しく2022年初春に積雪し、
越冬して薄茶の隈ができたクマザサと、雪を描けました。

鎌倉の山に多く自生し、
冬には葉が黄金色に輝くヤマノイモ(山芋)のふくよかさが大好きです。
こどもさん達がムカゴを集める姿は鎌倉の初冬の風物詩、
ムカゴも描いたので探してみてください。

 

 

如月の東慶寺

 

 

東慶寺

北鎌倉 東慶寺 インスラグラム

北鎌倉 東慶寺 売店 インスタグラム

北鎌倉 東慶寺 Facebook 

 

つづく。

 

「東慶寺の香りを紅茶にのせて」創作日記 その1
「東慶寺の香りを紅茶にのせて」創作日記 その2
「東慶寺の香りを紅茶にのせて」創作日記 その3
「東慶寺の香りを紅茶にのせて」創作日記 その4
「東慶寺の香りを紅茶にのせて」創作日記 その5

 

 

東慶寺オリジナル紅茶「東慶寺の香りを紅茶にのせて」は
東慶寺宝蔵内 売店でお求めいただけます。
お取り寄せは、東慶寺様にメールなどでお問い合わせ願います。

 

 

 

 

望月麻里 /    画家・イラストレーター

清泉小学校、清泉女学院中学・高等学校卒業
東京藝術大学美術学部絵画科 日本画専攻卒業
鎌倉市在住
mochizukimari.com

 

望月麻里への仕事のご依頼 →  こちら
※ページへ進まれましたら、パスワード  roma   を入力願います。

ペイパルから望月麻里の制作活動を支援できます。:paypal.me/marimochizuki

 

 

拙文「私のローマ」は、イタリア情報ランキングに参加中です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 ← クリックしてくださると嬉しいです!

「 私のローマ 」望月麻里 / Memories of Italy・イタリアを描く
「 私のローマ 」参考資料・参考文献